トレーニングを行うと、筋繊維は多かれ少なかれダメージを受けます。器具を使った激しいトレーニングの場合は繊維が小さな断裂を起こしますし、ランニングなどの軽い運動でも、エネルギー源として筋肉の中のタンパク質が消費されるため、筋肉が披露し収縮してしまいます。

 
筋肉をすみやかに回復させ、筋肉の増強をはかるためには、トレーニングとタンパク質の摂取とをセットで行うのが効果的です。

 

 

では、どんなタイミングで摂取するのがよいでしょうか。

 

ダメージを受けた筋繊維は自分で回復しようとします。それは筋トレ後3~4時間といわれています。吸収されたタンパク質が筋肉へ届くまでのタイムラグを考えると、筋トレ後30分以内の摂取がちょうどよいでしょう。

 

トレーニング前に飲むと、飲んだ分はトレーニング中のエネルギー補充のためにすぐ使われてしまうので、回復のためにはあまり効率がよくありません。

 
タンパク質はプロテインパウダーで摂取すると吸収効率がよいです。このとき、摂取量は製品の指示に従うようにしてください。

 

タンパク質は肝臓で代謝されるのですが、多く摂りすぎると肝臓に過度の負担がかかり、肝臓障害につながることがあります。また獲りすぎたタンパク質は尿として排出する必要があるため、腎臓を壊してしまうリスクもあります。