効果的にダイエットを進めていくためには、一定のペースに従って運動を継続する必要があります。

 

ダイエットというと、多くの人がウォーキングやジョギングなどのいわゆる有酸素運動をイメージするのですが、最近ではウエートトレーニングなどもダイエットに有効であるということが明らかになってきています。

 

このように筋肉を鍛えるトレーニングの場合には、どれくらいのペースで運動すればよいのかという問題がありますが、基本的には、運動した後にはしっかりと休息を取らなければなりません。

 

ですから、筋肉を鍛える運動の場合には、毎日運動するのではなく、間に休みを挟む必要があるのです。

 

現実的には1日おきや、週三日などが理想的だと考えられます。休んでいる間に、筋繊維を回復することによって、筋肉は太くなっていくという性質があります。

 

またそのためには、休息している間にしっかりと栄養を補給する必要もあります。

 

どのような栄養が必要になるのかというと、ずばりたんぱく質です。

 

良質なたんぱく質を摂取することによって、傷ついた筋繊維が修復されて、前よりも強くて太い筋肉が形成されるのです。

 

そうして基礎代謝がアップして、ダイエットにつながると考えられています。