ダイエットに勤しむ女性たちはついつい体重にばかり気を取られがちです。しかし、大切なのは体の中に占める脂肪の割合です。

 

体脂肪計など一般的になり、自分の体脂肪率も手軽にわかるようになりました。ではなぜそこまで体脂肪が注目されるようになったのでしょう。

 

人は何もせず呼吸をするだけである程度のカロリーを消費します。

 

それが基礎代謝と呼ばれるもので成人女性では約1500kcal程度になります。運動などの活動をして消費されるカロリー、活動代謝と基礎代謝を足したカロリー以上を食べると体重は増え、それ以下だと減少します。

 

しかし、運動をせずに食事制限で体重だけを落とすと筋量が減ってしまいます。筋肉は身体の中で保たれるためにカロリーを使います。筋量が減ると太りやすい身体になると言われるのは、基礎代謝が下がるからです。

 

一方、体脂肪は食事制限をした飢餓状態の身体では頑固に居座り続けます。脂肪を一キロ落とすには7000kcal分の運動が必要です。適度な運動をすることで身体を衰えさせないことがダイエットには必要です。

 

さらに、食べ過ぎないことを前提としますが、しっかりとバランスの取れた食事をとることも美しい身体のためには必要なことです。